花畑記念庭園

花畑記念庭園図

詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

左のポイントをクリックすると写真が表示されます。

昔、このあたりは緑と水豊かな農村風景がひらけ、武蔵国足立郡花又村と呼ばれていました。その後、東京府南足立郡となり、昭和七年、東京市に編入され、足立区が誕生しました。

昭和五十七年、足立区は区制五十周年を記念し、花畑町土地区画整理組合の協力を得て、この庭園の建設に着手しました。区民の皆さんの憩いの場として緑と水豊かなこの庭園を大切にし、後世に伝えていきましょう。


雪見灯籠

雪見灯籠

庭の入口近くにある雪見灯籠は冬になると雪化粧し、庭を訪れた人々の情感を誘います。


四阿

四阿

庭の中心に造られた四阿からは滝や芝山が見渡せます。



大滝

大滝

三波石をふんだんに使った「くずれ石積」の大滝は、三段落としで、高さ4メートル。石積の間をほとばしる水流が、涼やかです。


洲浜と岬灯籠

洲浜と岬灯籠

石を敷き詰めた洲浜は海岸や砂浜をあらわし、灯台をイメージした岬灯籠とあわせて海の情景をかもしだしています。



待合

待合

庭園の奥、木々と小川のせせらぎの中に待合があります。
時間を忘れてゆっくりと。


芝生広場

芝生広場

日本の古い城郭を思わせる日本庭園の中程には、芝生広場が広がっています。



春日灯籠

春日灯籠

高さ5メートル、重さ約10トンの春日灯籠は、周りの木々と調和し、庭園の景観に趣を添えています。




ページの先頭に戻る